SYUNDOファイル

お役に立てればうれしいです。

万年カレンダー

エクセルで万年カレンダーを作りました。

投稿日:2016年11月29日 更新日:

エクセルで万年カレンダーの作成を調べましたがあってもほとんど祝日くらいまでです。
そこで旧暦や六曜、二十四節気、雑節を含む万年カレンダーを作成しました。
(範囲は2000年~2050年までです。)
その手順を紹介します。

万年カレンダー

用意するもの

旧暦と六曜一覧
祝日一覧
二十四節気計算表
雑節一覧

旧暦は、計算がかなり難しいので一覧表を作りました。
六曜は、旧暦があれば計算できます。

旧暦の月と日を足して6で割った余りで出します。
余りが0=大安、1=赤口、2=先勝、3=友引、4=先負、5=仏滅

祝日一覧はネットで探せばあります。

二十四節気計算は略算式で計算します。

二十四節気の略算式
http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/sekki24_topic.htm

を利用させていただきました。

雑節一覧は、調べて作成しました。

練習用シートを用意しました。(範囲2010年~2020年)
バージョンExcel2010
【練習用シート】ダウンロード(zip) 【シート説明】

はじめに

旧暦と六曜一覧、祝日一覧、二十四節気計算表、雑節一覧を
エクセルのシートにそれぞれを置きます。

作り方

万年カレンダーシートに作ります。

年と月を入れる
年のところに数字を入力した時に○○○○年と表示させる方法こちら(別ウインドウで開きます)

■当月の年と月を自動にしたい場合は
年のところ
=YEAR(TODAY())
月のところ
=MONTH(TODAY())

1行開けて曜日を入れる
曜日を簡単に入力する方法→こちら
4行目に1~7の数字をいれる
H5から0、7、14、21、28、35を入れる
セルA5に「=FLOOR(DATE($A$1,$B$1,0),7)+A$4+$H5」と入力する
 
書式設定を日付に変更
右クリック→セルの書式設定

 

ユーザー定義→種類を「d」に変える→OK

 

A5からG10までコピー貼り付けする【やり方】
A2に「=MONTH(A5)」と入力してG2までコピー
A11に「=MONTH(A9)」と入力してG12までコピー

※ここまでで年と月を変えれば日が変わります。
試に年と月を変えてみてください。
ちゃんと変わればここまでは成功です。
次に進んでください。

■表の間隔を文字幅に合わせます。【やり方】

 
■文字の大きさを少し調整します。【やり方】

 
年と月を選択して文字サイズを20
曜日を選択して文字サイズを18
日付を選択して文字サイズを20

■日曜日の列を赤字、土曜日の列を青字にします。【やり方】

 
六曜、旧暦、祝日、二十四節気、雑節を挿入するスペースを開ける。

列に一列づつ、行の日付の下に三行づつスペースを開ける

【スペースを入れる方法】

ついでに年と月調整しておきます。
月の1を切り取りしてセルD1に貼り付け(コピーではない)
年をセルA1からA3までセルの結合、月をセルD1とD2をセルの結合します。
年と月が表示されるようにします。
スペースを開けた行の高さを18ピクセルにします。

 
VLOOKUP

六曜の挿入

B5(日付の右側)に六曜を挿入します。
数式「=”旧暦”&(VLOOKUP(B5,旧暦!$A$1:$B$18629,2,FALSE))」

B5をクリックして「関数の挿入」ボタンをクリック

 

「関数の挿入」ダイアログボックスが開きます。
こういったウインドウを「ダイアログボックス」といいます。

 

開いた時は「最近使用した関数」になっています。
ここに「VLOOKUP」がなければ

「すべて表示」に変えます。

 
「VLOOKUP」をクリック

 
「関数の引数」ダイアログボックスが開きます。

 

検索値・・・○○日に対する項目を挿入したい場合の○○日

例えば、
12月27日に対する六曜を入れたいので検索値は「12月27日(カレンダーでは27)」になります。
ダイアロボックを開いた状態で27(A5)をクリックする。
27はセル「A5」なので「関数の挿入」ダイアログボックスにはA5と表示されます。

範囲・・・挿入したいデーターの範囲

範囲の数式ボックスをクリックして「旧暦」タブをクリック

2行目から1番下までドラッグして範囲指定します。

 
範囲の数式ボックスに「旧暦!A2:G18629」と表示されます。
「$」を付け足し「旧暦!$A$2:$G$18629」にします。
【「$]を入れる意味】

列番号・・・範囲指定した表で挿入する文字が左から何列目の何

 
範囲指定した表で六曜は左から6列目にあるので「6」と入力
赤丸のところに六曜が表示されていれば成功です。

 
検索方法・・・TRUE(近似一致)かFALSE(完全一致)を入力します。
ここでは後でします。

「OK」ボタン

文字の大きさを「10」色を「自動」変え、下揃えにします。

数式にFALSE(完全一致)を付け足します。

数式バーの数式の最後の「)」の前をクリック。

「6」と「)」の間に「,(半角コンマ)」を入れる

「FALSE-完全一致」をダブルクリック

「Emter」キー

日付の右側に全てコピー貼り付け

これで六曜の挿入は完了です。

次は祝日の挿入です。次へ


スポンサーリンク

-万年カレンダー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エクセルで万年カレンダー応用編(日めくり)

万年カレンダーの応用編で次は日めくりカレンダーです。 日めくりはスペースが十分に取れるのでいろいろなことを載せることができます。 載せている情報に番号をつけて説明します。 ①基になる日付 ②元号表記  …

エクセルで万年カレンダー作成(2)

(エクセルで万年カレンダー作成(1)) エクセルの万年カレンダー作成は、六曜、祝日、旧暦、二十四節気、雑節を含んでいます。 エクセルで万年カレンダー作成(1)では、準備編と六曜の挿入が終わりました。 …

万年カレンダー一覧表の説明

万年カレンダーに使用している一覧表の説明です。 目次1 万年カレンダーシート2 旧暦シート3 祝日一覧シート4 二十四節気シート4.1 日付4.2 項目4.3 定数と日付5 雑節シート6 二十四節気シ …

エクセルで干支カレンダー(マクロ編)

エクセルのマクロでユーザー定義関数を作成して万年干支カレンダーを作成しました。 干支は、新暦、旧暦、節切りの三種類求めることができます。 スポンサーリンク 目次1 新暦、旧暦、節切りの簡単な説明1.0 …

エクセルで万年カレンダー作成(3)レイアウトの調整

  エクセルで万年カレンダー作成(1) エクセルで万年カレンダー作成(2) エクセルで万年カレンダー作成(1)(2)で祝日、六曜、旧暦、二十四節気、雑用が表示されるようになり万年カレンダーは …

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ