SYUNDOファイル

お役に立てればうれしいです。

サイト作成

「このページは認証されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」を解決した方法

投稿日:2019年1月4日 更新日:

サイトを作成しているといつの日からかサイトURLの前に「保護されてない通信」と表示されるようになった。

これはGoogle Chromeのセキュリティ警告だそうだ。

これは大変だと思って、早速、SSL化に取り掛かった。

今では、ほとんどのレンタルサーバー側でSSL化の設定ができるようになっている。

レンタルサーバーによってやり方が違う場合があるが、思ったより簡単にできた。

するとサイトによっては次のようなボタンが表示されるようになった。

このボタンは

サイトのなかの「スクリプト(script)」にhttpsでないサイトがありますよ」という意味だ。

サイトをSSL化すると自分のサイトのアドレスが「http」から「https」に変更される。

しかし、自分のサイトのアドレスでないURLは変更されない。


スポンサーリンク

私が実際に「このページは認証されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」を解決した方法

無料アクセス解析

無料のアクセス解析で「i2i.JP」はSSL化に対応してない。
※有料化にすると対応している。

忍者アクセス解析は、無料でSLL化に対応しているので忍者アクセス解析に変更した。

WordPressプラグインの停止

・Head Cleaner

対応はあるようだが、テーマによって相性の問題があるようなので、今回は停止した。

Head CleanerのSSL化は、調べてもあまり詳しく載っているところがなかった。

これを見つけるのに大変だった。

Head CleanerNariteお更新も2年間されていないようだ

まとめ

以上で私のサイトの「このページは認証されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」を解決できた。

サイトの中の「スクリプト(script)」を見つける方法は、そのページを開き右クリックでページのソースを表示、Ctrl+Fで「script」と入力すると見つけることができる。

そのなかから怪しいものを見つけて対処するといい。

私もその方法で見つけた。


スポンサーリンク

-サイト作成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPress 5.0に更新して投稿の新規追加、修正画面が真っ白になった原因

今では、更新があればプラグインもWordPressのバージョンもあまり気にせず行ってきた。 WordPress 5.0も同様にすぐに更新を実行した。 すると投稿の新規追加、修正画面が真っ白でなにも表示 …

カテゴリー

最近のコメント